牛丼比較 天丼比較 カツ丼比較 親子丼比較 豚丼比較 うな丼比較
シュウマイ比較 焼きそば比較 たこ焼き比較 餃子比較 カレー比較 ハンバーガー比較
ラーメン比較 ピザ比較 寿司比較 うどん比較 そば比較 牛丼ニュース

2011年08月18日

東京チカラめし1号店 池袋西口店 深夜編

東京チカラめし1号店 池袋西口店に深夜を狙って訪れてみた。
きっと昼間とは違う発見があるんじゃないかと思ったからだ。
tokyochikarameshi-tenpo-midnight2.jpg
深夜3時過ぎ、さすがにこの時間になると客は一人か二人ぐらいしかいない。
並ばずに余裕で席につくことができる。
tokyochikarameshi-ikebukurotennai1.jpg
でも店員は5〜6人いた。
松屋や吉野家は2人体制だし、すき家に至っては1人で深夜働いている。
もし強盗が店にやってきた場合、すき家の店員は渋々お金を差し出すしかない。
でも6人いれば心強い。店員Aがお金を差し出そうとしたときに、お金に気を取られている強盗に対して後ろから店員Bがドロップキックで奇襲攻撃。ひるんだ強盗を店員Cがバックドロップ。店員Dがテーブルからムーンサルトプレスからのピンフォール。店員Eが3カウントを数える。物陰からちょっと震えながら出てきて「みんなご苦労。よ、よくやった。お前ら社員にしてやるよ」と言うバイトリーダーF。
・・・というようにチームプレイが可能である。

そしてもうひとつ気になったことがある。

テンポのいいスキャットマンの曲が結構なボリュームで流れている。
昼間に来たときも同じくスキャットマンが流れていたことを思い出す。


店内でテンポのいい曲を流すと客の回転率が上がるというのはマーケティングで有名な話である。
もし、ゆったりとした曲を流せば、客がゆっくり食べたり、食後にまったりしてしまって、売り上げが落ちてしまう。
つまり、さっさと食って、とっとと帰れよという事である。

きっとチカラめしの店員は仕事中ずっとスキャットマンを聞いているので、夜寝る前にもう一度スキャットマンが脳内再生されていると思う。

社名が三光マーケティングフーズだけあって、マーケティングの会社なんだなということがわかる。


他にも店内の温度調整によって売り上げに変化がある事例があるので、その辺も熟知しているのかもしれない
posted by 牛丼 at 23:41| Comment(1) | 牛丼屋1号店に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
深夜に従業員がそれだけいたら利益ないだろ?
Posted by 通りすがり at 2011年09月14日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。